トップページ 実践経営講座 マネジメント用語集 全国コンサルタントリスト 運営会社

第5回-21 製品(商品)回転期間

製品(商品)回転期間とは

製品商品は企業活動を支える根本的資産です。
この製品商品の在庫期間を表す指標が製品(商品)回転期間です。

下記の計算式により求められた数字が「60」ならば、およそ仕入から販売されるまでの在庫期間は「60日(2ヶ月)」と分析できます。

製品(商品)回転期間の計算式
製品(商品) × 365(日) 製品(商品)回転期間(日)
売上高

なお、365(日)を12(月)に置換えると、受取手形の回収月数が求められる事になります。

経営特くんゲームは製品(商品)回転期間をマスターするのに有効なツールです
その理由は…

製品(商品)回転期間の良否判断

製品商品の回転期間が短いと売上高に対して在庫が少ないと判断できます。逆に長いと、在庫が多いと判断することが出来ます。この指標はどちらかに極端に偏ると企業活動に悪影響を与えます。

在庫が少ないと「在庫不足」による機会損失を招く危険性があります。また、多いと「在庫過多」による資金の停滞、管理コストの増大、不良在庫などの危険が増えます。適正値は企業の活動にあわせて、独自に設定する必要があります。

理想的な製品(商品)回転期間の計算式
製品(商品)(↓) × 365(日) 製品(商品)回転期間(日)(↓)
売上高(↑)

製品(商品)回転期間を改善するには

顧客の要求に応えるためには「欲しいものを、欲しいだけ、欲しい時に提供」する必要があります。ジャストインタイムの考え方です。これら達成するためには、製品商品の在庫を抱える必要があります。しかし、統制を無視した在庫保有は在庫過剰を招き資金の停滞、管理コストの増大、不良在庫などの危険性があると述べました。

そこで、在庫統制の必要性が出てきます。適正在庫を設定し在庫管理を実施することにより、在庫金額を目標値まで改善する必要があります。

中小企業の財務指標(中小企業庁:発行)における業種別「製品(商品)回転期間」

下記指標は2006度から2013年度における業界全体の平均値です。
※当該数値は中小企業庁調査・発表の「中小企業実態基本調査報告書」をもとに掲載された数値を集計しました。
(参考資料:「中小企業実態基本調査報告書(中小企業庁調査・発表)」)

製品(商品)回転期間 単位:日            
2006年
H18年度
2007年
H19年度
2008年
H20年度
2009年
H21年度
2010年
H22年度
2011年
H23年度
2012年
H24年度
2013年
H25年度
建設業
製造業
情報通信業
運輸業
卸売業
小売業
不動産業
飲食宿泊業
サービス業

人材戦略講座(基礎編)

  1. 只今執筆中
経営コンサルタントの皆さまへ

運営会社

■合同会社マネジメントクルー

〒115-0051
東京都北区浮間2-21-9

TEL:03-6454-5654
FAX:03-3967-2341
E-mail:info@keiei-ouen.com

運営会社のご案内ページ

更新情報

2014/08/11

・経営指標2013年(平成25年)版を追加しました。

2014/07/27

・経営指標2012年(平成24年)版を追加しました。

2013/08/07

・セミナー告知を追加しました。

2013/08/07

・経営特くんゲームの案内ページを追加しました。

2013/07/07

・提携サイト“経営特訓士協会”のバナーリンクを追加しました。

2012/09/30

・売上高総利益率のページを一部修正しました。

2012/09/30

・損益計算書のページを一部修正しました。

2012/07/08

・WEB戦略講座のページを更新しました。

2012/06/30

・GSL(Green Site License)の環境認証を取得しました。

2012/06/22

・WEB戦略「匠」とサイトを統合しました。

2012/05/01

・コンサルタント様向けご案内ページをリニューアル。

2012/05/01

・実践経営講座に「WEB戦略番外編」を追加。

2012/04/01

・実践経営講座に「WEB戦略編」を追加。

2012/03/01

・こちら経営応援サイトを完全リニューアル。

2009/10/05

・株式会社経営戦略塾の経営コンサルタント酒本正夫様と提携しました。

2009/08/02

・関連サイトWEB戦略「匠」を開設。

2008/08/15

・中小企業の財務指標を一部追加しました。 

2008/07/28

・開設依頼ユニークアクセス数が40,000人を突破しました。

2008/07/24

・本日のユニークアクセス数が500人を突破しました。

2008/06/01

・中小企業の財務指標データを一部更新しました。

2008/02/19

・マーケティング戦略編を更新しました。

2008/02/17

・マネジメント用語解説編を更新しました。

未来を創造する改