トップページ 実践経営講座 マネジメント用語集 全国コンサルタントリスト 運営会社

第5回-25 買掛金回転期間

買掛金回転期間とは

買入債務を分解した指標です。買掛金を支払うのに、何日分の売上高が必要かを表します。

<例>
買掛金1,000万円 売上高24,000万円
1,000÷24,000×365=15日
買掛金を支払うのに15日分の売上高が必要と判断できます。

買掛金回転期間の計算式
買掛金 × 365(日) 買掛金回転期間(日)
売上高

なお、365(日)を12(月)に置換えると、受取手形の回収月数が求められる事になります。

経営特くんゲームは買掛金回転期間をマスターするのに有効なツールです
その理由は…

買掛金回転期間の良否判断

買掛金回転期間は買入債務と同様に、売上高や原価率、買掛金の支払サイトに影響を受けます。したがって、買掛金回転期間は企業の戦略に併せて多面的に見極める必要があります。

理想的な買掛金回転期間の計算式
買掛金(↑) × 365(日) 買掛金回転期間(日)(↓)
売上高(↓注意)

買掛金回転期間を改善するには

買入債務同様にサイトの見直しが改善策の中心ポイントとなります。ただし、企業の方針として短期支払サイトを実施している場合は、この限りではありません。

大量仕入の即現金払いによる仕入コストの大幅な削減があります。不良在庫を抱える企業にとって、在庫の一掃と即日現金は非常に嬉しい取引です。ディスカウント商売の企業では、このような在庫を抱える企業をターゲットに仕入コストを削減するために、支払サイトを超短期に設定し戦略的に仕入を行います。このケースでは、支払サイトが短い事が強みであり、サイトの長期化は逆に弱みとなります。

中小企業の財務指標(中小企業庁:発行)における業種別「買掛金回転期間」

下記指標は2006度から2013年度における業界全体の平均値です。
※当該数値は中小企業庁調査・発表の「中小企業実態基本調査報告書」をもとに掲載された数値を集計しました。
(参考資料:「中小企業実態基本調査報告書(中小企業庁調査・発表)」)

買掛金回転期間 単位:日
2006年
H18年度
2007年
H19年度
2008年
H20年度
2009年
H21年度
2010年
H22年度
2011年
H23年度
2012年
H24年度
2013年
H25年度
建設業
製造業
情報通信業
運輸業
卸売業
小売業
不動産業
飲食宿泊業
サービス業

人材戦略講座(基礎編)

  1. 只今執筆中
経営コンサルタントの皆さまへ

運営会社

■合同会社マネジメントクルー

〒115-0051
東京都北区浮間2-21-9

TEL:03-6454-5654
FAX:03-3967-2341
E-mail:info@keiei-ouen.com

運営会社のご案内ページ

更新情報

2014/08/11

・経営指標2013年(平成25年)版を追加しました。

2014/07/27

・経営指標2012年(平成24年)版を追加しました。

2013/08/07

・セミナー告知を追加しました。

2013/08/07

・経営特くんゲームの案内ページを追加しました。

2013/07/07

・提携サイト“経営特訓士協会”のバナーリンクを追加しました。

2012/09/30

・売上高総利益率のページを一部修正しました。

2012/09/30

・損益計算書のページを一部修正しました。

2012/07/08

・WEB戦略講座のページを更新しました。

2012/06/30

・GSL(Green Site License)の環境認証を取得しました。

2012/06/22

・WEB戦略「匠」とサイトを統合しました。

2012/05/01

・コンサルタント様向けご案内ページをリニューアル。

2012/05/01

・実践経営講座に「WEB戦略番外編」を追加。

2012/04/01

・実践経営講座に「WEB戦略編」を追加。

2012/03/01

・こちら経営応援サイトを完全リニューアル。

2009/10/05

・株式会社経営戦略塾の経営コンサルタント酒本正夫様と提携しました。

2009/08/02

・関連サイトWEB戦略「匠」を開設。

2008/08/15

・中小企業の財務指標を一部追加しました。 

2008/07/28

・開設依頼ユニークアクセス数が40,000人を突破しました。

2008/07/24

・本日のユニークアクセス数が500人を突破しました。

2008/06/01

・中小企業の財務指標データを一部更新しました。

2008/02/19

・マーケティング戦略編を更新しました。

2008/02/17

・マネジメント用語解説編を更新しました。

未来を創造する改