トップページ 実践経営講座 マネジメント用語集 全国コンサルタントリスト 運営会社

第5回-29 当座比率

流動比率とは

前回は会社の安全性を判断する指標として流動比率を紹介しました。

流動比率では流動負債は流動資産でどの程度カバーしているかを判断する指標でした。しかし、流動資産には現金及び当座預金などの現金化される可能性が高い資産と棚卸資産のように現金化される可能性が高いとは言い切れない資産の2種類が存在します。

そこで、流動比率を補完する指標として当座比率を利用します。当座比率では分母に流動負債、分子に当座資産を用いて算出されます。当座資産とは現金及び預金、売上債権、有価証券を足した額です。これらは直ぐに現金化される資産であり、この当座資産で流動負債をどの程度カバーしているかを判断する指標です。

当座比率の計算式
当座資産 × 100 当座比率(%)
流動負債

経営特くんゲームは流動比率をマスターするのに有効なツールです
その理由は…

当座比率の良否判断

流動比率は1対2の原則でしたが、当座比率では1対1が理想です。100%以上ということになります。当座資産で流動負債がカバーできるのであれば、当面の資金は安定していると判断できます。

ただし、良否判断をする際にはこれだけでは不十分です。当座資産が必要以上に高い場合、必要以上の資金が会社に眠っていることになります。安全性では資金を多く保有していれば安全な会社と判断できますが、効率性を見たときに資金効率は逆に悪いと判断できます。必要以上の資金は投資もしくは返済に充てられるべき資金です。すべては、バランスが大切になります。

理想的な当座比率の計算式
当座資産(↑) × 100 当座比率(%)(↑)
流動負債(↓)

当座比率の改善策

流動比率同様に負債の固定化がポイントになります。また、当座資産を必要以上に保有しているのであれば、投資や負債の返済を検討する必要があります。

投資は外部環境に適応して成長していくうえで、必要不可欠な活動です。また、有利子負債があるのであれば返済に充てることも考えましょう。返済できる能力があるのに、返済せず利息を払い続けるのは無駄以外の何者でもありません。

人材戦略講座(基礎編)

  1. 只今執筆中
経営コンサルタントの皆さまへ

運営会社

■合同会社マネジメントクルー

〒115-0051
東京都北区浮間2-21-9

TEL:03-6454-5654
FAX:03-3967-2341
E-mail:info@keiei-ouen.com

運営会社のご案内ページ

更新情報

2014/08/11

・経営指標2013年(平成25年)版を追加しました。

2014/07/27

・経営指標2012年(平成24年)版を追加しました。

2013/08/07

・セミナー告知を追加しました。

2013/08/07

・経営特くんゲームの案内ページを追加しました。

2013/07/07

・提携サイト“経営特訓士協会”のバナーリンクを追加しました。

2012/09/30

・売上高総利益率のページを一部修正しました。

2012/09/30

・損益計算書のページを一部修正しました。

2012/07/08

・WEB戦略講座のページを更新しました。

2012/06/30

・GSL(Green Site License)の環境認証を取得しました。

2012/06/22

・WEB戦略「匠」とサイトを統合しました。

2012/05/01

・コンサルタント様向けご案内ページをリニューアル。

2012/05/01

・実践経営講座に「WEB戦略番外編」を追加。

2012/04/01

・実践経営講座に「WEB戦略編」を追加。

2012/03/01

・こちら経営応援サイトを完全リニューアル。

2009/10/05

・株式会社経営戦略塾の経営コンサルタント酒本正夫様と提携しました。

2009/08/02

・関連サイトWEB戦略「匠」を開設。

2008/08/15

・中小企業の財務指標を一部追加しました。 

2008/07/28

・開設依頼ユニークアクセス数が40,000人を突破しました。

2008/07/24

・本日のユニークアクセス数が500人を突破しました。

2008/06/01

・中小企業の財務指標データを一部更新しました。

2008/02/19

・マーケティング戦略編を更新しました。

2008/02/17

・マネジメント用語解説編を更新しました。

未来を創造する改